定期預金をする意味

定期預金に預けると、普通預金と分けることができるため、お金をしっかりと貯めることができます。定期預金であれば、元本が保証されるし、利息が普通預金よりいいということで、今まで定期預金を繰り返し利用してきた人も多いと思います。しかしながら、ずっと低金利の普通預金を利用してきて定期預金があるのを知らない人も多いのではないかと思うので、定期預金をする意味について見ていきましょう。

定期預金というのは、一定期間は預けてから出せないもので、原則として満期日まで出すことができませんが、普通預金と比較すると金利はその分高くなっています。預け入れ期間は1ヶ月が最短になっています。預け入れ期間としては、2、3、6ヶ月、1年で、10年まで最長の場合取り扱うところもあります。また、満期日の指定を自分で行うことも可能です。

定期預金の預け入れ金額と期間が違うと、金利も違ってきます。長い預け入れ期間になると金利も一般的に高くなります。また、預け入れ金額が、例えば300万円をオーバーすると大口定期になり、金利が高く設定されます。また、満期になるまで初めに預けた際の金利のままの固定金利と、金利の見直しを6カ月ごとに行う変動金利があります。

預け入れ期間によって利息が付く方法も違ってきます。1ヶ月から3年未満は元本である預けたお金にのみ利息がつくものと、3年以上は利息と元本を合計して利息がさらに付くものがあります。

本サイトでは、定期預金のメリット、定期預金の魅力、定期預金の特徴についてご紹介しています。